弥彦コースyahiko

B=3096 YARD:R=2930 YARD:Par 36

HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL
YARD 337 368 155 314 509 382 155 380 496 3096
PAR 4 4 3 4 5 4 3 4 5 36

HOLE 1

PAR 4 / B=337 / R=307 / HD 5

HOLE1コース図
HOLE1コース写真

距離の短いスターティングホールである。第一打を正面目標木より右目にとり確実にパーオンを狙いたい。左右のOBに注意。

HOLE 2

PAR 4 / B=368 / R=347 / HD 2

HOLE2コース図
HOLE2コース写真

第一打は右側クロスバンカー方向が安全であるが、ピンが右手前に切ってある場合にはフェアウェイ左側からピンを狙わないとパーセーブはむずかしい。

HOLE 3

PAR 3 / B=155 / R=131 / HD 8

HOLE3コース図
HOLE3コース写真

手前には池、グリーン周りはバンカーでガードされているため、ダイレクトに攻めるのがベスト。グリーンのアンジュレーションが強いためパットに神経を集中したい。

HOLE 4

PAR 4 / B=314 / R=300 / HD 7

HOLE4コース図
HOLE4コース写真

左ドッグレッグのミドルホール。ショートカットを狙うとバンカーに捕まり、第二打がトラブルショットとなる場合が多い。フェアウェイセンター右寄りから攻めるのがベスト。

HOLE 5

PAR 5 / B=509 / R=490 / HD 1

HOLE5コース図
HOLE5コース写真

ビーチバンカーを配した池をどう攻略するかがポイント。第一打を右側にキープし、第二打目は池越えとなるため、刻むか池越えを狙うか二通りの選択が必要なロングホール。

HOLE 6

PAR 4 / B=382 / R=364 / HD 4

HOLE6コース図
HOLE6コース写真

フェアウェイ右はバンカー、左フトコロは十分広く、第一打・第二打とも左側から攻めたいミドルホール。グリーンを狙うショットは打ち下しとなり、奥に向かって順目となる。

HOLE 7

PAR 3 / B=155 / R=153 / HD 9

HOLE7コース図
HOLE7コース写真

地形的な錯覚から異状に高低差を感じるが、実際はティーグランドとグリーンの高低差は5.5m。押えたショットは必要でない。

HOLE 8

PAR 4 / B=380 / R=363 / HD 3

HOLE8コース図
HOLE8コース写真

打ち上げで距離のあるミドル。ベストルートは第一打左クロスバンカーギリギリの右目。但し、バンカーに捕まるとパーセーブは困難。

HOLE 9

PAR 5 / B=496 / R=475 / HD 6

HOLE9コース図
HOLE9コース写真

上空の風の影響は想像以上である。その日の風の状態を十分に計算して各ショットを行いたい。一打二打共クロスバンカーを避けてゆけばパーオンはさほどむずかしいものとならない。